「茶花の入れ方」講座 風炉編

 去る8月27日、養和会青山教室で五藤宗紫先生による「茶花の入れ方」講座~風炉編~を開催しました。

毎回人気の茶花講座は午前、午後に分けての開催となり、五藤先生による講義、実演の後、それぞれ実践に入ります。今回は風炉編ですので、籠花入を主体に秋草を5種(リンドウ、女郎花、杜鵑、藤袴、ススキ)入れていきました。

 花材が5種あるからと全部入れてしまうのではなく、掛軸や花入、掛ける位置によって2種、3種、5種と選んでいきます。

 

ご自身で生けられた花を床に飾り、五藤先生に手直しをしていただくことになりますが、その前後の過程こそが細大の学びとなります。野にある自然の姿、そして写真や美術館など、実際に足を運んで、美しいものを見て、センスを養う。そして試行錯誤すること。上達に近道はありません。

 

 

今回使用した花材は、講座が終わったあと銘々お持ち帰りになったので、生徒さんの御自宅で再度復習されたことと存じます。

次回は炉の時期を予定しておりますので、お気軽に事務局までお問い合わせください。

 

アクセス-LOCATION

2013年5月発売の著作です。

第13回日本文芸アカデミー大賞授賞作品。

 

選評

“裏千家十四代家元、淡々斎の娘として良家に嫁ぐも離縁。波乱万丈の人生への語り口は、清澄にして達見、凛とした潔さをもつ。錚々たる文化人との交流にあって、一番の恩恵は父母の教えであり、茶道を通しての「一期一会」であろう。「この年だからこそ見える景色」を「まず所有欲がなくなった」という至言に敬服”

 

画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2014年5月発売の最新刊です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2014年4月発売の新刊です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2012年5月発売の著作です。

具体的な作法、マナーは女性だけでなく男性にもお勧めできます。

 画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2002年発刊、21刷目の重版に入り、累計は194,000部となる著作です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。