秩父学園 第59回 わかば祭

6月3日、国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局 秩父学園の創立記念祭「わかば祭」に味岡宗靖先生と参加してまいりました。

 

今年創立59周年を迎えた秩父学園とのご縁は、弥栄子先生が脳神経科の医師であった亡夫、塩月正雄ドクターと共に創立時に訪れて以来、毎年お弟子さんと共に訪れて、呈茶を行ってきました。

 

当日は雨の予報とありましたが、お天気に恵まれ学園の皆様は非常に楽しまれておりました。

呈茶ブースは毎年楽しみにしてくださっている学園生が、お弁当を食べ終わってからブースに来られ大賑わいとなりました。

何度もいらして一人で5服も召し上る生徒さんや、また自分で何度も薄茶を点ててみる生徒さんなど、興味が尽きないようでした。

 

弥栄子先生は生前、「学園でお勤めの先生方から学んでほしい」と意義を説いておられましたが、今回担当の方から頂いたお手紙に、同様のことがお礼とともに書かれており、大変恐縮した次第です。

 

気持ちは姿勢となって伝わるものですね。大変勉強させていただいた一日でした。

暑い中参加された養和会社中の皆様、御協力ありがとうございました。

 

アクセス-LOCATION

2013年5月発売の著作です。

第13回日本文芸アカデミー大賞授賞作品。

 

選評

“裏千家十四代家元、淡々斎の娘として良家に嫁ぐも離縁。波乱万丈の人生への語り口は、清澄にして達見、凛とした潔さをもつ。錚々たる文化人との交流にあって、一番の恩恵は父母の教えであり、茶道を通しての「一期一会」であろう。「この年だからこそ見える景色」を「まず所有欲がなくなった」という至言に敬服”

 

画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2014年5月発売の最新刊です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2014年4月発売の新刊です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2012年5月発売の著作です。

具体的な作法、マナーは女性だけでなく男性にもお勧めできます。

 画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2002年発刊、21刷目の重版に入り、累計は194,000部となる著作です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。