千玄室大宗匠 新刊「あゆみ草」

10月4日、淡交社より千玄室大宗匠の新著『あゆみ草』が発刊されました。


これまでにもいくつか回想録、随想集は出版されておりますが、本作は未公開写真も多く掲載され、平成21年以降に書き記された原稿や講演内容をまとめられたもの。まさに愛蔵版といっても過言ではありません。


茶の道を歩むものには多くの教えが記されており、また茶人のみならず、詳細に記された兵役体験の回想は戦後70年を迎えた現在において、多くの日本人に手に取って読んでいただきたい内容でありました。


是非御高覧ください。

アクセス-LOCATION

2013年5月発売の著作です。

第13回日本文芸アカデミー大賞授賞作品。

 

選評

“裏千家十四代家元、淡々斎の娘として良家に嫁ぐも離縁。波乱万丈の人生への語り口は、清澄にして達見、凛とした潔さをもつ。錚々たる文化人との交流にあって、一番の恩恵は父母の教えであり、茶道を通しての「一期一会」であろう。「この年だからこそ見える景色」を「まず所有欲がなくなった」という至言に敬服”

 

画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2014年5月発売の最新刊です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2014年4月発売の新刊です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2012年5月発売の著作です。

具体的な作法、マナーは女性だけでなく男性にもお勧めできます。

 画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2002年発刊、21刷目の重版に入り、累計は194,000部となる著作です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。