淡交カルム 第7回 茶席のきもの展 呈茶

淡交センター・カルム主催が年に1回東京で行うきものの展示販売会「第7回 茶席のきもの展」が9月7日~9日に中野サンプラザで行われ、最終日、ちょうど重陽の節句となった9日に五藤宗紫先生が呈茶席を担当されました。

 

京都からの老舗呉服屋さんが、畳を敷き詰めたホールに選りすぐりの逸品を展示され、お客様にゆったりと見ていただきたいとの配慮が随所に感じられたのでしょうか、お越しになった方は丁寧に着物をお選びになっておられました。

 

 

当初は最も集客のある日曜に依頼されたのですが、京都大徳寺での法要と重なったため、火曜の担当となりました。通常の御稽古が振替となってしまい、生徒さんにはご迷惑をお掛けいたしましたが、弥栄子先生の弟で五藤先生の叔父である淡交社前社長の故納屋宗淡氏の茶道具でおもてなしをさせていただいたことは、水屋を担当された皆さまにとって良い経験となったのではないでしょうか。

 

淡交社のホームページからも「茶の装い」のカタログがお申込みいただけます。

お越しになれなかった方は、こちらもご参考にされてみてはいかがでしょうか。

アクセス-LOCATION

2013年5月発売の著作です。

第13回日本文芸アカデミー大賞授賞作品。

 

選評

“裏千家十四代家元、淡々斎の娘として良家に嫁ぐも離縁。波乱万丈の人生への語り口は、清澄にして達見、凛とした潔さをもつ。錚々たる文化人との交流にあって、一番の恩恵は父母の教えであり、茶道を通しての「一期一会」であろう。「この年だからこそ見える景色」を「まず所有欲がなくなった」という至言に敬服”

 

画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2014年5月発売の最新刊です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2014年4月発売の新刊です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2012年5月発売の著作です。

具体的な作法、マナーは女性だけでなく男性にもお勧めできます。

 画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2002年発刊、21刷目の重版に入り、累計は194,000部となる著作です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。