講演:着物のはなし

9月22日、 銀座一穂堂の『「月夜の茶会」と「茶席のきもの」』展示会に於いて、五藤宗紫先生が着物についての講演を行いました。

 

急遽、弥栄子先生も飛び入り参加にて、一穂堂の青野さんと鼎談のようなかたちでおおいに盛り上がりました。


五藤先生がお召しになっていたのは祖母・千嘉代子様から伝わる着物と、祖父・淡々斎宗匠が描いた水の模様をあしらった帯。

当時、弥栄子先生が夫婦喧嘩をした際、お爺様から「水に流すように」と頂いたものだとか。

「そんなこともあったかしらね」とお茶目に微笑む弥栄子先生。

 

いざ茶会に招かれると、どのような着物を着ていけばよいのか、女性はとくに難しいところで、参加者からの質問に一つ一つ五藤先生が丁寧に、きもののセオリーと持論を展開されました。

 

展示会は9/28(土)まで開催されております。

銀座にいらした際は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

アクセス-LOCATION

2013年5月発売の著作です。

第13回日本文芸アカデミー大賞授賞作品。

 

選評

“裏千家十四代家元、淡々斎の娘として良家に嫁ぐも離縁。波乱万丈の人生への語り口は、清澄にして達見、凛とした潔さをもつ。錚々たる文化人との交流にあって、一番の恩恵は父母の教えであり、茶道を通しての「一期一会」であろう。「この年だからこそ見える景色」を「まず所有欲がなくなった」という至言に敬服”

 

画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2014年5月発売の最新刊です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2014年4月発売の新刊です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2012年5月発売の著作です。

具体的な作法、マナーは女性だけでなく男性にもお勧めできます。

 画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2002年発刊、21刷目の重版に入り、累計は194,000部となる著作です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。