虎屋のお雛様

明日から 根津美術館で開催される

「虎屋のお雛様」のレセプションに

五藤 宗紫先生と伺いました。

和菓子の老舗、虎屋に伝わる

お雛様と雛道具はあまりにも素晴らしく、

もしお雛様が動き出したら

本当に使えそうなくらい 精巧に作られています。

雛道具の中には、茶道具もあり

昔から女性の嗜みとして

お茶が身近にあったことがわかります。

 

展覧は4月8日まで

春の訪れと共に青山散策でもいかがでしょうか?

 

根津美術館 http://www.nezu-muse.or.jp/

虎屋 http://www.toraya-group.co.jp/

 

アクセス-LOCATION

2013年5月発売の著作です。

第13回日本文芸アカデミー大賞授賞作品。

 

選評

“裏千家十四代家元、淡々斎の娘として良家に嫁ぐも離縁。波乱万丈の人生への語り口は、清澄にして達見、凛とした潔さをもつ。錚々たる文化人との交流にあって、一番の恩恵は父母の教えであり、茶道を通しての「一期一会」であろう。「この年だからこそ見える景色」を「まず所有欲がなくなった」という至言に敬服”

 

画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2014年5月発売の最新刊です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2014年4月発売の新刊です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2012年5月発売の著作です。

具体的な作法、マナーは女性だけでなく男性にもお勧めできます。

 画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2002年発刊、21刷目の重版に入り、累計は194,000部となる著作です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。