14日 3月 2019
来る5月5日(日)、裏千家今日庵 中島宗基業躰が主催する茶会「白梅会茶会」にて、味岡宗靖先生が薄茶席を担当いたします。 お問合せ、お申し込みは、養和会事務局までお願いいたします。      記 「白梅会茶会」 日時:平成31年5月5日(日祝) 午前9時~午後3時 場所:茶道会館 庵 山里 東京都新宿区高田馬場3-39-17 JR 高田馬場 歩10分 濃茶席 庵山里...
12日 3月 2019
去る3月10日、養和会 青山教室で五藤宗紫先生による「茶花の入れ方講座」炉編を開催しました。 今回は椿、枝ものを花材として五藤先生の講義、デモンストレーションの後、各自で花を入れていきます。 花を入れた後、床の間に置き、先生に手直ししていただくと、さっきまでの花と見違える瞬間を皆さんは毎回目の当たりにします。...
19日 1月 2019
平成三十一年 己亥歳 平成の元号も最後の年、最初のブログ更新でございます。 去る一月十一日金曜日、御陰様で相変わりませず、主宰五藤宗紫師のもと、養和会の稽古始め/初点茶会を明治記念館にて恙無く終える事ができましたこと、御報告させていただきます。 濃茶席は本年の御勅題の「光」とお代替わりを趣向に道具組。...
21日 11月 2018
去る霜月十一日に、養和会青山教室で五藤宗紫先生御指導による「口切の茶事 特別稽古」が行われました。 茶人の正月とされる炉開き、口切の茶事に招かれることは茶人にとって栄誉なこと。 待合に入ると淡々斎画賛「真味深」の掛軸が皆様をお出迎えします。...
13日 10月 2018
去る10月7日、養和会 青山教室にて平成三十年度第二回許状授与式を執り行いました。 今回は青山教室の他、NHKカルチャーセンター、産経学園、京王友の会、他外部の方々21名に、坐忘斎御家元の名代として養和会主宰 五藤宗紫先生から一人ひとり許状を授与いたしました。 中立の後、五藤先生による続き薄の御点前にて皆さまに御呈茶を振る舞われます。...
10日 10月 2018
去る9月25日から28日まで、防衛相総合幕僚監部様より御依頼を受け、「PASOLS47(第47回アジア・太平洋地域補給セミナー)」にて呈茶を行いました。 英語対応案件ということで、味岡宗靖先生の監修による実施となりました。 初日は都内ホテルにて米国主宰レセプション、御園棚にて立礼での呈茶を呼び水とし、...
04日 9月 2018
先日9月2日、養和会 青山教室で五藤宗紫先生による「茶花の入れ方講座」風炉編を開催しました。 今回はトリカブト、竜胆、女郎花、吾亦紅、ススキの5種を花材として五藤先生の講義、デモンストレーションの後、各自で花を入れていきます。...
04日 9月 2018
先日ご案内しました、養和会 夏の特別講座「茶杓削り」を開催致しました。 前回削られた方、今回が全く茶杓を削るのが初めての方など18名の方に御参加頂き、講座の前に亭主五藤宗紫先生、半東味岡宗靖先生より、皆様に薄茶一服差し上げました。 茶杓削り講座は荒曲げ処理が終わった、いわゆる櫂先が曲がった状態から始めます。...
14日 7月 2018
昨年大好評だった「茶杓削り」講座を今年も開催致します。 講師は引き続き、池田泰輔先生をお呼びし、薄茶一服召し上って頂いた後、茶杓削りの講義、実践となります。 茶杓は何度造っても楽しく、また同じものは一本として出来上がりません。 思い入れの一本を削りに、皆さま奮ってご参加ください。 →昨年の画像 「茶杓削り」...
07日 6月 2018
5月27日養和会青山教室にて、五藤宗紫・水曜午後クラスによる、初風炉茶事特別稽古を行いました。 参加された方は長年養和会の助手を務めてきた方ばかりで、 亭主方、客方ともベテランの余裕が感じられました。 懐石は三友居、主菓子は楳心果の山椒きんとんと爽やかな初風炉の茶事となりました。...

さらに表示する

アクセス-LOCATION

2013年5月発売の著作です。

第13回日本文芸アカデミー大賞授賞作品。

 

選評

“裏千家十四代家元、淡々斎の娘として良家に嫁ぐも離縁。波乱万丈の人生への語り口は、清澄にして達見、凛とした潔さをもつ。錚々たる文化人との交流にあって、一番の恩恵は父母の教えであり、茶道を通しての「一期一会」であろう。「この年だからこそ見える景色」を「まず所有欲がなくなった」という至言に敬服”

 

画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2014年5月発売の最新刊です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2014年4月発売の新刊です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2012年5月発売の著作です。

具体的な作法、マナーは女性だけでなく男性にもお勧めできます。

 画像をクリックするとアマゾンへリンクします。

2002年発刊、21刷目の重版に入り、累計は194,000部となる著作です。画像をクリックするとアマゾンへリンクします。